最新情報

2019.03.29 
【市況情報】東京都水道局 入札結果
東京都水道局の2019年上期の入札がおこなわれました。

『PAC』
・19.7~21.0円/kgとなりました。2018年下期に比べて+1.8~2.0円/kgの値上げとなりました。
・原料の水酸化アルミニウムの値上がりが要因ですが、原料の値上げは今期も続くことが予想されます。

『苛性ソーダ』
・横ばい、もしくは-0.5円/kgの小幅の値下げとなりました。

『次亜塩素酸ソーダ』
・40.3~40.4円/kgとなりました。2018年上期から+4.0円/kg前後値上がった2019年下期からは横ばいです。

『濃硫酸』
・2018年の下期で+3.0円/kg前後値上がり、その下期からは横ばいとなっています。

以上
---------------



東京都水道局の2018年上期の入札がおこなわれました。

『PAC』
・17.5~18.3円/kgとなりました。2017年下期に比べて+1.8~2.5円/kgの値上げとなりました。
・原料の水酸化アルミニウムや塩酸の値上がりが要因です。

『苛性ソーダ』
・入札不調となりました。各企業が前回を大幅に上回る入札額で臨んだとみられ、都側の予算と合いませんでした。

『次亜塩素酸ソーダ』
・34.0~36.6円/kgとなりました。2017年下期に比べて+2.0~2.6円/kgの値上げとなりました。

『濃硫酸』
・16.9~23.3円/kgとなりました。2017年下期に比べて下がった場所と上がった場所があります。

以上
---------------
2017.9.25

東京都水道局の2017年下期の入札がおこなわれました。

『PAC』
・15.1~16.3円/kgとなりました。2017年上期に比べて+1.0円/kg前後の値上げとなりました。
・原料の水酸化アルミニウムや塩酸の値上がりが要因です。

『苛性ソーダ』
・19.3~22.8円/kg(48%液量換算)となりました。2017年上期に比べて横ばいか一部値上げとなりました。2017年上期の入札で既に+10円/kg(固形換算)となっています。

『次亜塩素酸ソーダ』
・33.7~34.0円/kgとなりました。2017年上期に比べて横ばいか一部値上げとなりました。

『濃硫酸』
・18.0~23.0円/kgとなりました。2017年上期に比べて下がった場所と上がった場所があります。

※詳細情報が知りたい方はお問い合わせください。

弊社では酸・アルカリ・凝集剤でリサイクル品の提案をしています。


ご興味がある方はお問い合わせください。
2018.08.21 
【キャンペーン商品】排水処理薬品:PAC、硫酸バンドなど
排水処理に使用する、ポリ塩化アルミニウム(PAC)や硫酸アルミニウム(硫酸バンド)のコストダウンを検討しませんか?

メーカー各社による値上げが浸透してきました。
(ポリ塩化アルミニウム 5円/kg、硫酸バンド 3円/kgの打ち出し)

さらに、原料である硫酸および水酸化アルミニウムに追加値上げの動きがあり、製品(ポリ塩化アルミニウム・硫酸バンド)の再値上げの懸念があります。

弊社では、リサイクル原料を有効活用した、安価で環境に優しい製品(ポリ塩化アルミニウム・硫酸バンド)を、関係会社で製造・販売しています。

また、排水処理の用途では、副生品の有効活用も積極的に推進しています。
●塩化アルミ・硫酸バンド・アルミン酸ソーダ・リン酸・栄養剤など

お客様の条件に合わせて、最適な商品を提案いたします。

一度、お気軽にご相談ください。
2018.05.30 
【市況情報】紙・板紙・製紙パルプ 生産量推移
【市況情報】紙・板紙・製紙パルプ 生産量推移
国内の紙・板紙の生産量はここ数年、紙が減少する一方で板紙は増加傾向にあります。
2017年の紙の生産量は1458万tで5年連続減少中ですが、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの衛生用紙は好調。生活必需品としての需要に加えて、ホテルやレストラン、コンビニなどで紙タオルの需要が伸長しています。
板紙は通信販売向け段ボールの需要増加を背景に好調が続き、5年連続で増加しています。板紙は軽量化・薄肉化が進んでおり、容積や表面積でみた実際の需要の増加率は、この数字より大きいと思われます。
2018.05.30 
【社会貢献】南三陸応縁団 6月イベント情報
【社会貢献】南三陸応縁団 6月イベント情報
★6月3日 ひころの里(南三陸町入谷桜沢442)
ひころマルシェ2018初夏
https://www.m-kankou.jp/event/201023.html/

★ひころマルシェ×自転車プラン 
6月3日(日)1日限定!
新緑が目に優しい景色のなかを自転車で散歩しましょう!
https://www.m-kankou.jp/program/200968.html/
2018.05.26 
【市況情報】塩酸 統計(生産量・出荷量・在庫量)
日本ソーダ工業会 単位:トン/35%換算

≪2018年≫
     生産   国内需要   在庫
1月  161,656  157,453  45,221
2月  153,131  155,566  42,788
3月  172,924  175,626  40,086

≪2017年≫
     生産   国内需要   在庫
1月  161,994  158,076  43,110
2月  145,750  146,996  41,861
3月  154,106  162,015  33,955
4月  159,515  156,950  36,518
5月  150,888  150,923  36,485
6月  159,597  159,657  36,424
7月  167,879  167,588  36,715
8月  163,745  160,965  39,494
9月  161,797  163,196  38,094
10月  166,738  168,092  36,736
11月  169,272  168,661  37,346
12月  174,868  171,194  41,021

≪2016年≫
     生産   国内需要  在庫
1月  158,748  153,274  46,185
2月  151,820  153,218  44,790
3月  163,436  167,499  40,726
4月  149,665  151,400  39,007
5月  141,005  139,139  42,223
6月  146,269  150,572  37,893
7月  151,456  152,177  37,178
8月  153,809  152,715  38,272
9月  162,449  162,482  38,261
10月  163,424  163,389  38,320
11月  154,889  157,297  35,947
12月  165,917  162,719  39,170

≪2015年≫
     生産   国内需要  在庫
1月  150,244  144,594  44,939
2月  149,609  151,404  43,190
3月  157,155  161,938  38,429
4月  156,228  158,117  36,533
5月  138,584  137,407  37,709
6月  148,515  148,295  37,944
7月  157,790  159,703   35,990
8月  151,713  146,756   40,946
9月  158,632  159,519   40,057
10月  157,077  159,836   37,258
11月  157,373  154,952   39,714
12月  162,761  161,766   40,707
2018.05.26 
【市況情報】苛性ソーダ 統計(生産量・出荷量・在庫量)
日本ソーダ工業会 単位:トン/97%換算

≪2018年≫ 
   生産   国内需要   輸出   在庫
1月 367,579  279,476  56,654  162,432
2月 326,803  265,708  87,442  136,084
3月 351,212  294,112  55,493  137,680

≪2017年≫ 
   生産   国内需要   輸出   在庫
1月 362,992  290,231  79,302  131,467
2月 310,141  260,701  56,451  124,454
3月 329,872  300,701  22,072  131,554
4月 322,182  276,729  54,234  122,778
5月 284,218  264,544  25,474  116,975
6月 303,390  278,241  30,648  111,470
7月 345,058  289,823  36,291  130,414
8月 357,860  294,689  73,062  120,523
9月 317,293  273,428  42,827  121,565
10月 337,002  272,247  65,058  121,261
11月 352,698  290,052  61,835  122,066
12月 368,207  295,782  63,510  130,983

≪2016年≫ 
   生産   国内需要   輸出   在庫
1月 350,249  276,178  75,006  118,720
2月 317,562  262,396  57,584  116,304
3月 328,177  285,345  70,196   91,164
4月 321,830  276,796  33,291  102,908
5月 272,673  252,122  27,546   95,912
6月 274,677  263,664    597  106,330
7月 329,116  273,156  58,679  103,610
8月 347,011  279,772  36,672  134,178
9月 316,070  264,834  60,183  125,230  
10月 311,606  270,138  58,692  108,000
11月 330,598  283,938  28,777  125,884 

≪2015年≫ 
   生産   国内需要   輸出   在庫
1月 332,606  270,079  53,607  165,122
2月 304,283  243,348  48,636  177,422
3月 307,232  272,372  94,787  117,499
4月 316,846  270,514  36,781  127,050
5月 273,534  247,168  44,825  108,591
6月 295,595  269,304  20,187  114,694
7月 329,360  271,124  47,439  125,491
8月 333,050  273,622  68,892  116,026
9月 315,402  249,230  63,658  118,538
10月 314,768  261,191  34,397  137,718
11月 325,712  275,694  53,303  134,433
12月 348,730  260,826  102,684  119,653
2018.05.26 
【市況情報】セメント 統計(生産量・出荷量・在庫量)
セメント協会 単位:千t
≪2018年≫
     生産   国内   輸出 期末在庫
1月   4,551  2,840    934  4,246
2月   4,496  3,297    705  4,225
3月   5,430  3,615   1,194  4,189 

≪2017年≫
     生産   国内   輸出 期末在庫
1月   4,741  3,011   1,061  4,104
2月   4,814  3,383    886  4,132
3月   5,349  3,643    989  4,393
4月   4,572  3,274    909  4,165
5月   4,929  3,236   1,199  4,104
6月   4,851  3,656    927  3,772
7月   5,487  3,625   1,052  3,928
8月   5,020  3,248   1,133  4,123
9月   4,980  3,675    943  3,905
10月   5,199  3,611    784  4,194
11月   5,342  3,845    970  3,961
12月   5,503  3,778   1,057  3,902

≪2016年≫
     生産   国内   輸出 期末在庫
1月   4,442  2,883    928  4,573
2月   4,791  3,432    944  4,488
3月   5,372  3,548   1,072  4,684
4月   4,218  3,297    783  4,341
5月   4,710  2,979   1,136  4,380
6月   4,573  3,457    775  4,221
7月   5,121  3,605    915  4,115
8月   4,760  3,191    997  4,324
9月   4,889  3,532    846  4,373
10月   5,349  3,740   1,038  4,778  
11月   5,176  3,856    985  4,840
12月   5,570  3,803   1,118  3,927

≪2015年≫
     生産   国内   輸出 期末在庫
1月   4,600  3,310    848  4,352
2月   4,815  3,567    780  4,177
3月   5,423  3,673    875  4,580
4月   4,359  3,493    716  4,118
5月   5,061  3,263   1,120  4,302
6月   4,776  3,664    686  4,272
7月   5,019  3,769   844  4,152
8月   4,898  3,208   976  4,504
9月   4,830  3,587   825  4,517
10月   5,258  4,068   871  4,182
11月   5,126  3,670   788  4,203
12月   5,246  3,763   813  4,358

     生産   国内   輸出  期末在庫
2014年 61,916  45,854  9,108  4,401
2013年 61,694  46,177  8,763  3,872
2012年 59,257  43,486  9,726  3,813
2011年 56,352  41,379  9,773  3,691
2010年 56,559  41,163 10,265  3,979
2009年 59,564  43,507 10,720  4,249
2008年 67,598  50,474 10,900  4,325
2007年 71,444  55,827  9,564  4,201
2018.05.08 
【市況情報】硫酸 値上げ表明&2017年度需給統計
+3円/kg以上の値上げを表明しました。
材質改善に向けた設備投資、副資材価格(苛性ソーダ、耐火レンガ)や電気代、物流費などが上昇していることを要因としています。

2017年度[2017年4月~2018年3月]統計
生産:622万トン(前年度比-2%)
内需:358万トン(同+3%)
輸出:259万トン(同-12%)
期末在庫:26万トン

「内訳」
生産:製錬ガス495万トン(-3%)、大手2社の大規模定修がありながらも検討。硫黄焙焼111万トン(+4%)、原油処理動向が好調。
需要:肥料用30万トン(-5%)。工業用328万トン(+4%)、酸化チタンやフッ化水素酸向けが好調。
輸出:大規模定修による減産により国内供給を優先した為に輸出を制限。
期末在庫:適正水準の25万トン以上を確保。

---------
2018.1.26

主要メーカーのPPC@佐賀関(日産4,000トン超)の3ヵ月に渡る大規模定修が12月に予定通り終了しました。

11月に定修入りしていた他の10社(住友金属鉱山@東予、小名浜製錬、古河ケミカルズ@大阪など)も通常の操業体制に戻りました。

これで主要各社の定修が一巡した為、需給のひっ迫は沈静化します。


----------
2017.11.22

硫酸は国内供給がぎりぎりの状態になっています。

大手2社のうちの1社であるPPCが9月から定修入りしているなか、もう一方の住友金属鉱山もこのほど定修に入った為です。
11月は両社を含めて11社が定修を実施する為、単月で約22万トンの減産となる見通しです。

各社ともに事前に在庫積み増しをしていましたが、酸化チタンなどの主力用途が市況回復にともない需要は好調に推移しています。
また、海外ではフィリピンなどのリーチング向けが順調です。


----------
2017.9.12

2017年9月下旬~12月初旬にかけて大手2社の大規模定修に加え、その他の13社の定修が重なる為、11月単月では約20万トンの生産が減少する見通しです。
通常、月30万トンの内需に対して、40~50万トンが供給され、余剰分を輸入や在庫に振り向けられています。
現在、各社による在庫積み増しと、輸入数量の調整によってバランスを調整しています。
2018.05.02 
【市況情報】中国 固体廃棄物の輸入停止
中国は【輸入廃棄物管理目録の調整に関する公告】を公表。

「輸入禁止固体廃棄物目録」
・2018年末にリストへ
 金属製廃棄物(金、銀、銅、錫、鉄)、廃船、自動車スクラップ、製錬スラグ、工業由来の廃プラなど
・2019年末にリストへ
 ステンレス廃棄物、チタン廃棄物、木材廃棄物など

特に廃プラは、世界各国から中国へ年間約600万トンが輸入されていた為、新たな行き場の模索に迫られています。

--------
2017.9.1

2017年7月18日、中国は世界貿易機関(WTO)に対し、年内にプラスチックや紙など一部廃棄物の輸入を停止することを通告しました。

特に、廃プラスチックは年間200万トン以上が中国へ輸出され、原料化されていました。

今までは有価で買取されていたものが、回収できなくなる可能性があります。

↓↓RPFなどへのリサイクル提案
http://www.etech-cr.co.jp/results/?id=1424790771-176288

処理にお困りの際にはご相談ください。
2018.04.23 
【市況情報】チオ硫酸ナトリウム 値上げ表明
チオ硫酸ナトリウムの各メーカーが値上げを表明しました。

苛性ソーダなどの原料の値上がりに加え、包装資材コストや物流費、製造設備の維持管理費などの上昇を理由としています。

液体品 +8円/kg以上
結晶品 +14円/kg以上
無水品 +20円/kg以上

弊社では、価格競争力のある輸入品を、国内の各拠点にストックしています。
粉体のままでの販売はもちろん、ユーザーのニーズに合わせて溶解・濃度調整して販売しています。

↓↓解決事例
http://www.etech-cr.co.jp/business_summary/?id=1509097105-117011

ご興味がございましたらお問い合わせください。
2018.04.23 
【キャンペーン商品】副生リン酸
『副生リン酸』をご紹介いたします。
要求品質・荷姿(ローリー、コンテナなど)や納入地域に応じて、最適な商品をご提案いたします。

↓↓副生リン酸
http://www.etech-cr.co.jp/business_summary/?id=1400721449-587433

また、窒素を添加して【栄養剤】としての販売も可能です。

↓↓栄養剤
http://www.etech-cr.co.jp/business_summary/?id=1509096776-658323

お問い合わせお待ちしています。
2018.04.02 
【キャンペーン商品】副生アルミン酸ソーダ
値上げ交渉中の「苛性ソーダ」および「凝集剤;PAC、硫酸バンド」の代替品として、「アルミン酸ソーダ」をご紹介いたします。

特に、排水処理にて苛性ソーダ(pH調整剤)+凝集剤を使用している場合、アルミン酸ソーダ1液で処理ができるので効果絶大です!!

↓↓ 商品詳細
http://www.etech-cr.co.jp/business_summary/?id=1424787085-187621

お問い合わせお待ちしております。
2018.03.29 
【市況情報】苛性ソーダ 値上げ決着
値上げがおおむね決着しました。
需要家側が玉確保を優先するほどのひっ迫感が早期妥結につながりました。

2017年の出荷量は400万トン(前年比4%UP)に迫りました。
内需は前年比3.7%UPと、半導体関連や高吸水性樹脂SAPの旺盛な消費が牽引し、また景気回復を背景とした各産業の設備稼働の向上などを受けて堅調でした。
輸出も中国からの供給が減り、アジア域内からの引き合いが相変わらず旺盛です。輸出価格は高値安定しています。

今後は原材料の値上がり理由とした二次製品の値上げが急速に進むと考えられます。

以上
----------
2018.1.26

【追加】各社の値上げ打ち出し状況です。

・大阪ソーダ : 2/1出荷分から、+20円/kg以上(固形)
・日本ソーダ : 2/1出荷分から、+22円/kg以上(固形)
・東亞合成  : 2/1出荷分から、+20円/kg以上(固形)
・昭和電工  : 2/1出荷分から、+20円/kg以上(固形)
・クレハ   : 2/1出荷分から、30%以上
・旭化成   : 2/16出荷分から、+20円/kg以上(固形)
・日本軽金属 : 2/21出荷分から、+20円/kg以上(固形)

電解メーカー各社からの値上げが出揃いました。海外市況を見据えながら価格交渉が本格化してくる見込みです。

以上
----------
2017.12.18

【追加】各社の値上げ打ち出し状況です。

・東ソー  : 1/1出荷分から、+20円/kg以上(固形)
・トクヤマ : 1/16出荷分から、+22円/kg以上(固形)
・関東電化 : 2/1出荷分から、+20円/kg以上(固形)

※トクヤマは固形苛性ソーダの値上げも打ち出し:25円/kg以上

大手電解メーカーの値上げが出揃いました。
今後、中小電解メーカーも追随すると予想されます。

以上
----------
2017.12.4

各社の値上げ打ち出し状況です。

・旭硝子  : 12月出荷分から、+18円/kg以上(固形)
・カネカ  : 12/16出荷分から、+20円/kg以上(固形)
・信越化学 : 2/1出荷分から、+20円/kg以上(固形)

以上
----------
2017.11.21

旭硝子が液体苛性ソーダを12月出荷分から18円/kg以上(固形換算)の値上げを打ち出しました。

アジア市場では需給のタイトバランスが継続、輸出価格が高騰し、内外格差が生じていることが要因です。

日本国内の需要も堅調であることが値上げを後押ししています。

また、原油価格が上昇し、電力価格が上がっていることから、各電解メーカーのユーティリティコストも上昇しています。

他メーカーが追随するかどうかは不透明です。

以上
----------
2017.10.27

苛性ソーダのアジア市況が550ドル~580ドル/tと一段高となっています。

供給側
中国では共産党大会の影響で操業規制により生産が抑制されていることが主要因です。

需要側
中国のアルミナ生産向けがいぜんとして旺盛です。
高値でも東南アジアや他地域の需要家からの買い付けが行われています。

今後の見込み
需給バランスは大きく変化せず、アジア市況は高値を維持すると見られています。
日本市場でも再び内外価格差を理由に価格改定の機運の高まりが予想されます。

以上
----------
2017.9.28

苛性ソーダの国際市況は高値を維持しています。
足元で約470ドル/tです。今年4月以降は450ドル/tを超える水準をキープしています。
国内の取引価格は今春の値上げ後の水準を維持しています。

「需要側」
・中国のアルミナ向けを中心に、インドや東南アジアなどの需要が旺盛。
・今後、中国では第4四半期に向けて大気汚染対策の一環でアルミ/アルミナ工場の操業規制の計画があり、苛性ソーダの需要が落ちる見込み。
・ただし、中国でアルミ/アルミナの生産量が落ちれば、豪州で増産される可能性があり、市況を支える要素となりえる。

「供給側」
・中国の電解メーカーは、塩素側の需要が農薬向けなど弱く、苛性ソーダで採算のバランスを取らざるを得ない。
・北米ではハリケーンの影響で電解メーカーでフォースマジュールや設備停止が相次いだ。

以上
----------
2017.5.29

各メーカーが固形換算で1kgあたり10円以上の値上げを発表しています。
官庁入札案件(4/1~)や大口需要家(鉄鋼、製紙など)ではほぼ決着してきました。
現在は、中・小口ユーザーとの交渉を具体化に進めている状況です。

※弊社では苛性ソーダの代替品となる、廃アルカリ(アルミン酸ソーダなど)を紹介しています。
 排水で苛性ソーダとアルミ系凝集剤(PAC、硫酸バンド)を併用している場合には、代替により使用量を削減できる可能性があります。
 ご興味がありましたらお問い合わせください。

↓↓具体的事例
http://www.etech-cr.co.jp/results/?id=1424787085-187621
2018.03.27 
【市況情報】イオン交換樹脂 値上げ表明
大手メーカーの三菱ケミカルやダウ・ケミカル(ロームアンドハース)が値上げを表明しました。
値上げ幅は15%以上としています。

主要材料、副資材、物流・ユーティリティーコストの急騰、また安定供給のための継続的な設備投資や環境規制への対策費用が大幅に拡大したことが要因です。

今後、交渉が具体化してくると予想されます。


弊社ではイオン交換樹脂を始めとした、水処理関連商品を取り扱っています。
工程を見直して、水処理の最適化を検討しませんか?

↓↓ 商品詳細
http://www.etech-cr.co.jp/business_summary/?id=1424796234-361837

↓↓ 解決事例
http://www.etech-cr.co.jp/business_summary/?id=1437712143-233908

以上
2018.03.26 
【市況情報】錫 LME相場
≪2018年≫
3月 21,214.05ドル/トン
2月 21,693.50ドル/トン
1月 20,710.68ドル/トン
≪2017年≫
12月 19,440.00ドル/トン
11月 19,574.55ドル/トン
10月 20,468.86ドル/トン
9月 20,855.48ドル/トン
8月 20,570.00ドル/トン
7月 20,272.86ドル/トン
6月 19,701.82ドル/トン
5月 20,230.95ドル/トン
4月 19,991.39ドル/トン
3月 19,831.52ドル/トン
2月 19,491.50ドル/トン
1月 20,749.76ドル/トン

≪2016年≫
12月 21,125.00ドル/トン
11月 21,135.00ドル/トン
10月 20,182.38ドル/トン
9月 19,589.77ドル/トン
8月 18,413.41ドル/トン
7月 17,833.10ドル/トン
6月 16,985.23ドル/トン
5月 16,745.75ドル/トン
4月 17,067.62ドル/トン
3月 16,995.95ドル/トン
2月 15,654.29ドル/トン
1月 13,777.25ドル/トン

≪2015年≫
12月 14,702.38ドル/トン
11月 1,4742.62ドル/トン
10月 15,848.18ドル/トン
9月 15,481.36ドル/トン
8月 15,228.50ドル/トン
7月 14,961.96ドル/トン
6月 15,015.23ドル/トン
5月 15,827.37ドル/トン
4月 15,985.50ドル/トン
3月 17,460.45ドル/トン
2月 18,292.00ドル/トン
1月 19,463.10ドル/トン
2018.03.26 
【市況情報】亜鉛 LEM相場
≪2018年≫
3月 3,280.48ドル/トン
2月 3,539.78ドル/トン
1月 3,441.00ドル/トン

≪2017年≫
12月 3,234.00ドル/トン
11月 3,236.16ドル/トン
10月 3,273.95ドル/トン
9月 3,119.79ドル/トン
8月 2,981.84ドル/トン
7月 2,785.10ドル/トン
6月 2,571.93ドル/トン
5月 2,590.24ドル/トン
4月 2,633.03ドル/トン
3月 2,781.74ドル/トン
2月 2,848.43ドル/トン
1月 2,713.00ドル/トン

≪2016年≫
12月 2,724.00ドル/トン
11月 2,568.84ドル/トン
10月 2,314.14ドル/トン
9月  2,292.80ドル/トン
8月  2,282.77ドル/トン
7月  2,184.83ドル/トン
6月  2,023.00ドル/トン
5月  1,871.20ドル/トン
4月  1,851.52ドル/トン
3月  1,804.64ドル/トン
2月  1,710.83ドル/トン
1月  1,512.20ドル/トン

≪2015年≫
12月 1,522.10ドル/トン
11月 1,582.29ドル/トン
10月 1,654.00ドル/トン
9月 1,794.00ドル/トン
8月 1,773.50ドル/トン
7月 2,002.07ドル/トン
6月 2,087.45ドル/トン
5月 2,289.63ドル/トン
4月 2,206.90ドル/トン
3月 2,029.05ドル/トン
2月 2,103.13ドル/トン
1月 2,110.64ドル/トン
2018.03.26 
【市況情報】亜鉛 国内建値
≪2018年≫
4月  397.00円/kg【途中平均】
3月  394.40円/kg
2月  431.60円/kg
1月  430.00円/kg
≪2017年≫
12月  408.90円/kg
11月  415.90円/kg
10月  418.30円/kg
9月  394.30円/kg
8月  374.60円/kg
7月  363.10円/kg
6月  332.60円/kg
5月  340.20円/kg
4月  336.90円/kg
3月  361.50円/kg
2月  370.50円/kg
1月  357.54円/kg

≪2016年≫
12月 358,8円/kg
11月 320.5円/kg
10月 286.8円/kg
9月 282.9円/kg
8月 281.3円/kg
7月 277.9円/kg
6月 262.4円/kg
5月 253.5円/kg
4月 254.1円/kg
3月 255.5円/kg
2月 247.8円/kg
1月 226.0円/kg

≪2015年≫
12月 234.8円/kg
11月 243.8円/kg
10月 258.1円/kg
9月 260.4円/kg
8月 271.0円/kg
7月 294.9円/kg
6月 307.4円/kg
5月 322.9円/kg
4月 310.0円/kg
3月 291.5円/kg
2月 295.5円/kg
1月 297.2円/kg
2018.03.19 
【市況情報】国産ナフサ 基準価格
2018年 1月  46,930円/L
2018年 2月  46,844円/L
     
※Q平均は3ヶ月の平均金額に2,000円/klを足し、10の位を四捨五入した金額

2017年 10-12月 44,600円/L 
2017年 7-9月 36,100円/L
2017年 4-6月 39,100円/L
2017年 1-3月 41,800円/L
   
2016年10-12月 34,000円/L
2016年 7-9月 31,300円/L
2016年 4-6月 31,600円/L
2016年 1-3月 34,300円/L

2015年10-12月 40,900円/L
2015年 7-9月 47,200円/L
2015年 4-6月 48,800円/L
2015年 1-3月 47,000円/L

2014年10-12月 66,000円/L
2014年7-9月 70,900円/L
2014年4-6月 69,900円/L
2014年1-3月 72,000円/L

2013年10-12月 67,800円/L
2013年7-9月 63,900円/L
2013年4-6月 65,500円/L
2013年1-3月 63,800円/L

2012年10-12月 55,800円/L
2012年7-9月 49,800円/L
2012年4-6月 60,600円/L
2012年1-3月 54,100円/L

2011年10-12月 51,700円/L
2011年7-9月 54,900円/L
2011年4-6月 59,000円/L
2011年1-3月 52,400円/L

2010年10-12月 45,100円/L
2010年7-9月 42,700円/L
2010年4-6月 49,700円/L
2010年1-3月 47,700円/L

2009年10-12月 42,500円/L
2009年7-9月 41,200円/L
2009年4-6月 33,300円/L
2009年1-3月 27,000円/L
2018.02.20 
【関連会社の紹介】株式会社ユニックス
静岡県富士市で、化学工業薬品の製造・販売や、産業廃棄物中間処理業を営んでいます。

↓↓会社概要
http://www.etech-cr.co.jp/business_summary/?id=1518588873-550346

産業廃棄物(廃酸、廃アルカリ、アルミ系汚泥)の処理でお困りの方や、リサイクル原料を使用した安価な凝集剤(ポリ塩化アルミニウム、硫酸バンドなど)の導入にご興味がありましたら、弊社までお問い合わせください。
2018.02.19 
【キャンペーン商品】排水処理施設・タンクの清掃作業
排水処理施設やタンクの清掃作業、回収汚泥の収集運搬およびリサイクル処理を当社で一貫してアレンジしています。

↓↓解決事例
http://www.etech-cr.co.jp/business_summary/?id=1519712986-855563

気になる点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
2018.02.10 
【市況情報】産廃不法投棄の状況
環境省による平成28年度の産業廃棄物の不法投棄および不適正処理事案の状況についての調査結果

(1)平成28年度に新たに判明した不法投棄事案
  ・不法投棄件数 131件 (前年度143件) [-12件]
  ・不法投棄量 2.7万トン (前年度16.6万トン) [-13.9万トン]

(2)平成28年度に新たに判明した不適正処理事案
  ・不適正処理件数 132件 (前年度261件) [-129件]
  ・不適正処理量 7.5万トン (前年度40.7万トン) [-33.2万トン]

(3)平成28年度末における残存事案
  ・残存件数 2,604件 (前年度2,646件) [-42件]
  ・残存量 1,585.2万トン (前年度1,609.7万トン) [-24.5万トン]

(4)平成28年度に新たに判明した硫酸ピッチの不適正処理事案
  ・不適正処理件数 0件 (前年度0件) [±0件]

                                 以上

当社は、環境関連法規を遵守して、廃棄物の発生抑制およびリサイクル化を促進し、環境ビジネスを通じて社会の産業の発展に貢献してまいります。
2017.12.18 
【市況情報】水酸化アルミ 市況は上昇傾向
日本軽金属が値上げを打ち出しました。

1/21出荷分から
・水酸化アルミニウム : +8円/kg以上
・アルミナ : +12円/kg以上
※中国の環境規制強化によるアルミナ減産を起因としてアルミナ市況価格が高騰し、原料の水酸化アルミの調達コストが秋口以降で急騰していることが要因。

2/1出荷分から
・ポリ塩化アルミニウム(PAC): +5円/kg以上
・硫酸アルミ(液体バンド):+3円/kg以上
※原料(水酸化アルミなど)や輸送費の価格高騰が要因です。

以上
----------
2017.11.24

中国で環境規制により生産が抑制され、供給量が減少していることが主な要因です。

日本軽金属は4月に価格改定を表明しています。
昭和電工は7月にインドネシアでのアルミナ合弁事業からの撤退を発表しています。

水酸化アルミを原料とするポリ塩化アルミニウム(PAC)の下期官庁案件の入札も値上がりしています。


※当社では水酸化アルミやポリ塩化アルミニウム(PAC)のリサイクル品を提案しています。
 コストダウンにご検討ください。

↓↓詳細
http://www.etech-cr.co.jp/results/?id=1400752089-222019
2017.12.10 
【展示会】エコプロ2017 環境とエネルギーの未来展
【展示会】エコプロ2017 環境とエネルギーの未来展
『エコプロ2017』に参加してきました。

来場者は約16万人と盛況でした。環境への意識の高まりが実感されます。

植物由来の新素材「セルロースナノファイバー」、地球温暖化対策に貢献する水素エネルギーの社会実装に向けた先進事例や取り組み、SDGs(Sustainable Development Goals;持続可能な開発目標)への取り組みなど、興味深い出展が数多くありました。

次回は2018年12月6日(木)~8日(土)、東京ビッグサイト・東ホールにて開催予定です。

以上
----------
2017.12.1

『エコプロダクツ』の名称を昨年より『エコプロ』と改め
今回で19回目を数える『エコプロ』。
 今年も下記の日程・会場にて開催いたします。

日 時:2017年12月7日(木)~9日(土)
会 場:東京ビッグサイト [東ホール]
http://eco-pro.com/2017/
2017.12.05 
【関連会社の動向】株式会社ユニックス
【関連会社の動向】株式会社ユニックス
富士地区で凝集剤メーカーを営むユニックス様が、
業界紙に取り上げられましたのでご報告いたします。
2017.10.23 
【キャンペーン商品】珪砂のリサイクルシステム
珪砂のリサイクルシステムを構築いたしました。

産業廃棄物処理をしていたものをリサイクルすることで、処理コストを削減いたします!

↓↓詳細は下記ご参照ください。
http://www.etech-cr.co.jp/results/?id=1508717633-484619

ご興味がございましたらお問い合わせください。
2017.10.16 
【展示会】農業ワールド2017に参加しました
【展示会】農業ワールド2017に参加しました
2017年10月11日(水)~13日(金)に幕張メッセで「第7回 農業ワールド2017」が開催されました。

アジア最大の農業展として「農業資材EXPO」「次世代農業EXPO」「6次産業化EXPO」の3つにエリアが分かれており、 海外企業を含む900社が出展し、総来場者数は42,761名と盛況でした。

当社では、【リン酸】【ペーパースラッジ】などのリサイクル品を肥料や土壌改良剤として新規用途開発ができないか、ビジネスパートナーと商談を行いました。

↓↓リン酸
http://www.etech-cr.co.jp/results/?id=1400721415-332271

↓↓ペーパースラッジ
http://www.etech-cr.co.jp/results/?id=1400753592-293250

ご対応いただきました各社ご担当者様にはこの場をお借りして御礼いたします。
2017.10.06 
【展示会】紙パルプ技術協会年次大会に参加しました
10月5日(木)~6日(金)に、大宮ソニックシティで、第60回 2017 年紙パルプ技術協会(70 周年記念)年次大会が開催されました。

大会テーマを「革新と躍進-未来に繋ぐイノベーション技術を目指して」とし、各社の技術講演の他、記念式典やCNF・IoTをテーマとした特別セッションが設けられていました。

各社の技術講演や展示ブースでは最新情報を拝聴させて頂きました。ありがとうございました。

当社でも環境ビジネスを通じて紙パルプ業界の発展に貢献できるよう尽力いたします。
2017.09.28 
【社会貢献】南三陸応縁団の活動紹介
【社会貢献】南三陸応縁団の活動紹介
弊社では『南三陸応縁団』に参加しています。

「南三陸応縁団とは?」
南三陸応縁団は、2015年4月に発足しました。
※「平成27年度南三陸町感謝・絆プロジェクト推進事業」として、一般社団法人南三陸町観光協会が南三陸町からの委託を受け運営する事業です。
今までいただいていた多くのご支援を、さらなる交流に繋げます。

「設立経緯」
震災から4年の歳月が流れた2015年。
南三陸町は、たくさんの絆とともに歩んできました。
少しずつではありますが、町の状況は変化しています。
南三陸町をよりキラキラ輝く町にしていくステージとして「南三陸応縁団」が発足しました。
今までいただいていた「支援」から「協働」へ
そして、第二の故郷として末永い絆が育まれるような「交流」へ・・・
応縁団は皆様と町民をつなぐ架け橋となり、様々なご縁を育む新しい交流プロジェクトです。


※9月イベント情報※

★震災から7年目、南三陸町の新庁舎が完成。9月3日(土)開庁式が執り行われました。
http://www.minasan-ouen.com/archives/17250/

★9月17日(日) 入谷打ち囃子
http://www.m-kankou.jp/blog/nike/14575/

★南三陸町を飛び出して!イベントレポート
http://www.m-kankou.jp/blog/chibayu/14525/

★花見山ランドお披露目!
http://www.minasan-ouen.com/archives/17477/
2017.09.28 
【市況情報】再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)の動向
経済産業省はFITから自立した再エネ事業育成に舵を切ります。

今年4月に改正FIT法が施行されたことにより新たな認定方法に移るとともに、認定を受けていながら未稼働の案件は失効することになります(45万件以上となる見込み)。

また、2018年度税制改革では先進的再エネ投資促進税制を創設するとし、再エネ設備に付帯設備を導入する先進的な投資に対し特別償却などを講じます。

自立的・長期安定発電を目指す再エネ事業者の育成が目的です。

「背景」
・2012年のFIT開始後、再エネ導入量は約2.5倍に拡大し、国民負担である賦課金総額は2017年度に2.1兆円に上る。

・エネルギーミックスにおける再エネ比率が2030年度に見込み通り22~24%になれば3.7~4兆円となる。

・経産省はこれ以上の国民負担は求められないとし、買い取り期間終了後も再エネが安定的に供給されるよう競争力強化を支援するとともに、FIT目当ての事業者に厳しい態度を示しつつある。
2017.09.20 
【キャンペーン商品】バイオマス発電の関連商品
現在、国内各地でバイオマス発電所が稼動し始めていて、更に新設計画もあります。

弊社ではバイオマス発電の関連商品を各種取り揃えています。

○ 廃棄物処理:ばいじん、燃え殻のリサイクル
 http://www.etech-cr.co.jp/results/?id=1400753543-081323

○ 燃料:RPF、木屑、廃プラなどの再生可能資源
 http://www.etech-cr.co.jp/results/?id=1424790771-176288

○ 消耗品:珪砂、イオン交換樹脂(軟水・純水用)
 http://www.etech-cr.co.jp/results/?id=1501752043-295711

○ 重金属不溶化剤:チオ硫酸ソーダ、特殊固化剤
 http://www.etech-cr.co.jp/results/?id=1478749970-972417


お困りごとがございましたらお問い合わせください。
2017.08.27 
【キャンペーン商品】イオン交換樹脂のご紹介
【キャンペーン商品】イオン交換樹脂のご紹介
画像のようなボンベの純水器をご利用になっていませんか?

お得になるご提案がございます。
是非お問い合わせください。

北陸の電子材料M社、埼玉の某医科大学等で多数のコストダウン実績あり。 

↓↓その他の詳細はこちら
http://www.etech-cr.co.jp/results/?id=1424796234-361837

http://www.etech-cr.co.jp/results/?id=1437712143-233908
2017.05.29 
【市況情報】2017 NEW環境展
【市況情報】2017 NEW環境展
去る5/23~5/26に東京ビッグサイトにて2017 NEW環境展が開催されました。

隣接して開催の2017 地球温暖化防止展と合わせて645社が展示に参加し
4日間で延べ15万人以上が来場したアジア最大級の環境展。

大小さまざまな企業が出展している中で個人的に興味をもったのが、
FRP製品や今後廃棄物として注目されるだろう太陽光パネル等の複合品を
加温湿式にて各素材に分離し再資源化する技術をもつ企業です。

また、蛍光灯リサイクルやガラスリサイクル等のどちらかといえば
ニッチな処理をされている企業が印象に残りました。

ご興味ある方は資料の用意もございますので、是非お問い合わせください。

貴重なお時間をいただきご対応いただきました各社ご担当者様に、
この場を借りて御礼を申し上げます。

来年は2018年5月22日(火)~25日(金)、同じく東京ビッグサイトにて開催です。
2017.02.16 
【社会貢献】世界を救う日本の赤ひげ先生 服部匡志医師
今回、眼科医の服部匡志医師の活動に感銘を受け
寄付させて頂きました。

略歴
2001年からベトナムの貧しい地域で無報酬の
眼科診療を続けてきました。
日本での診療で稼いだお金と寄付を手元に
失明の恐れがある白内障や網膜の病気を
抱える患者を15年に渡り救ってきた方です。

服部先生がサポートされているアジア失明予防の会
http://www.asia-assist.or.jp/
2017.01.13 
【社会貢献】国境なき医師団への支援活動
世界には「医療がない場所」があります。
 空爆や銃撃で多くの人が傷つき、命を落とす紛争地
 清潔な水、食糧、医療などが不足し、病気が流行する難民キャンプ
 地震、台風、洪水など一瞬で大きな被害が発生する自然災害の被災地
 病院がない地域・病院が遠すぎて通えない地域
 貧困などが原因で薬を手に入れることが難しい地域
 食糧不足で栄養失調が繰り返される地域

当社では、医療がない場所での国境なき医師団の活動を支えるため、寄付を行っています。

国境なき医師団 ホームページ
http://www.msf.or.jp/

国境なき医師団の活動を知ってください
http://www.msf.or.jp/join/?grid=header01
2016.11.10 
【キャンペン商品】PS灰(ペーパースラッジ灰) 有効利用のご紹介
弊社ではPS灰の有効利用を推進しています。

従来は埋立やセメント原料としてのリサイクルが主流でしたが、新しい分野での活用を進めています。

【新たな用途開拓】
路盤材
石灰の代替品
無機凝集剤の原料 など

【主成分】
酸化カルシム   約 65 %
酸化アルミニウム 約 15 %
ケイ酸      約 15 %
※ 土壌環境基準値はすべてクリアしています

↓↓詳細は下記ご参照ください。
http://www.etech-cr.co.jp/results/?id=1400753592-293250
2016.11.10 
【市況情報】セメント業界の廃棄物・副産物使用量
現在、セメント原料のうち約50%が廃棄物・副産物を使用しています。

内訳
高炉スラグ         約 27 %
石炭灰           約 25 %
汚泥・スラッジ       約 10 %
建設発生土         約 9 %
副生こう          約 8 %
燃えがら・ばいじん・ダスト 約 5 %
その他

セメント生産は1996年度の99,267千tをピークに減少傾向を続けていますが、セメント1t製造するために使用する廃棄物・副産物の量は増加しています。

詳しくは一般社団法人セメント協会のサイトをご参照ください。
↓↓
http://www.jcassoc.or.jp/seisankankyo/seisan01/seisan01a.html
2016.06.03 
【市況情報】 塩酸の値上げ~続報
2016.6.1

「値上げ動向」
・関東を中心とした東日本において値上げが浸透しました。
・実施時期は4~5月から、値上げ幅は4~5円程度で決着しています。
・供給側 : 関東の大手サプライヤーの定期修理が重なった影響でタイトになっています。
・需要側 : アルミ電解コンデンサー各社の稼働が好調で、需要は堅調です。


「塩素を原料とした製品への波及」
・凝集剤 PAC(ポリ塩化アルミニウム)の値上げが+3円/kgで打ち出されています。主原料である水酸化アルミと塩酸の値上げが主な要因です。
 ※硫酸バンドも+1円/kgの値上げを打ち出しています。
・塩化亜鉛の値上げが+30円/kgで打ち出しされています。主原料である亜鉛滓と塩酸の値上げが主な要因です。


---------------------------------------
2016.3.1

「各社動向」
 旭硝子   : 1月11日納入分から5円以上
 昭和電工  : 2月1日納入分から5円以上
 日本軽金属 : 2月11日出荷分から5円以上
 三井デュポンフロロケミカル(MDF) : 2月11日出荷分から5円以上
 東亞合成  : 2月16日出荷分から5円以上
 クレハ   : 2月22日出荷分から5~10円
 日本曹達  : 3月1日出荷分から5円以上
 ダイキン  : 3月10日出荷分から5円以上

「背景」
 三井化学@鹿島のTDI工場が来年3月末で閉鎖、
 12万トンの副生塩酸が消滅する為に関東での塩酸市況がタイトになるという動きです。

「需要家動向」
 アルミ電解コンデンサー各社の足元の稼働は堅調です。
 官庁入札の結果がこれから出てきますので、情報入り次第フィードバックいたします。

以上
2016.06.03 
【社会貢献】熊本地震による被害に対する支援について
【社会貢献】熊本地震による被害に対する支援について
2016年4月14日以降に発生した、熊本県を震源とする地震により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。


弊社 社員も現地でボランティア活動に参加させてもらいました。


下記、当社でも取り組んだ支援活動のご紹介です。皆様のご支援の参考になれば幸いです。

・日本赤十字社 災害義援金
 http://www.jrc.or.jp/contribute/help/28/

・アマゾン
 http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?docId=3077074166
 ほしい物リストを使って被災者と支援者をつなぐ物資支援のサポートを行っています。
 各避難所などにおいて必要な物資のリストを作成いただき、そのリストからお客様にご購入いただくことで、物資を現地にお届けする仕組みとなっています。

・ふるさと納税
 http://furusatonouzei.yahoo.co.jp/shien
 ふるさと納税制度を活用した熊本・大分地震の被害を受けた自治体への寄付。
2016.02.24 
【社会貢献】世界を救う日本の赤ひげ先生【服部匡志医師】
【社会貢献】世界を救う日本の赤ひげ先生【服部匡志医師】
今回、眼科医の服部匡志医師の活動に感銘を受け
寄付させて頂きました。

略歴
2001年からベトナムの貧しい地域で無報酬の
眼科診療を続けてきました。
日本での診療で稼いだお金と寄付を手元に
失明の恐れがある白内障や網膜の病気を
抱える患者を15年に渡り救ってきた方です。

服部先生がサポートされているアジア失明予防の会
http://www.asia-assist.or.jp/
2016.02.17 
【社会貢献】福島県南三陸町への支援活動
【社会貢献】福島県南三陸町への支援活動
弊社 社長の清水は東日本大震災以降、福島県南三陸町にて
ボランティア活動を続けて参りました。

今回、福島県南三陸町の復興を願い寄付をさせて頂き
南三陸町長 佐藤仁様より感謝のお手紙を頂戴しました。

今後も福島県南三陸町の皆様の為に精一杯復興のお手伝いを
させて頂きたいと思っております。
2016.01.08 
【社会貢献】国境なき医師団への支援活動
【社会貢献】国境なき医師団への支援活動
世界には「医療がない場所」があります。
 空爆や銃撃で多くの人が傷つき、命を落とす紛争地
 清潔な水、食糧、医療などが不足し、病気が流行する難民キャンプ
 地震、台風、洪水など一瞬で大きな被害が発生する自然災害の被災地
 病院がない地域・病院が遠すぎて通えない地域
 貧困などが原因で薬を手に入れることが難しい地域
 食糧不足で栄養失調が繰り返される地域

当社では、医療がない場所での国境なき医師団の活動を支えるため、寄付を行っています。

国境なき医師団 ホームページ
http://www.msf.or.jp/

国境なき医師団の活動を知ってください
http://www.msf.or.jp/join/?grid=header01
2015.12.11 
【社会貢献】南三陸町の今
【社会貢献】南三陸町の今
南三陸町は、2011年3月11日の大津波の被害が甚大で町の62%(市街地で75%)もの家屋が損壊しました。

現在では、志津川市街地低地部では嵩上げ工事が進み、高台移転の造成も進んできましたが、ボランティアセンターでは復興へと進む途上で、まだ人の手を必要としているものがあります。わかめをはじめとする養殖漁業の支援、再開しようとする農地整備を含む農業支援など地域の人たちのお手伝い作業が増えてきました。

2015年12月は、漁業支援では牡蠣の洗浄・選別・漁具整備、農業支援では「ちじみゆきな」の収穫作業などが行われたそうです。

当社では一日も早い復興を願い、震災後より継続して南三陸町でのボランティア活動に参加し、活動支援のための寄付を行っています。

ボランティアセンターのホームーページ
http://minamisanrikuvc.com/

ボランティア参加希望の方
http://minamisanrikuvc.com/volunteer01.html
2015.12.07 
【社会貢献】ダイアログ・イン・ザ・ダークのご紹介
【社会貢献】ダイアログ・イン・ザ・ダークのご紹介
ダイアログ・イン・ザ・ダークは、
暗闇のソーシャルエンターテインメントです。

参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、グループを組んで入り、
暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)のサポートのもと
中を探検し、様々なシーンを体験します。
その過程で視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、
そしてコミュニケーションの大切さ、人のあたたかさを思い出します。

当社では視覚障碍者の自立支援のため、寄付を行っています。

みなさま暗闇の世界を是非体験してください。
開催スケジュール
http://www.dialoginthedark.com/free/?no=905
2015.11.20 
【社会貢献】アジア失明予防の会 ご紹介
アジアの貧困地域では病院に行くことができず、白内障や網膜剥離等により視力を失っており、病院にて治療してもらうにも、手遅れになってから来院される患者が多く、その中には適切な治療や手術をすれば失明から免れる患者がたくさんいらっしゃいます。

アジア失明予防の会は、アジア諸国でそのような失明の危機に瀕している患者を1人でも多く救えるよう、医療機器の援助、医師の派遣、医師の教育指導、貧困により失明している人々に対する治療の支援などを続けている団体です。

当社では、ベトナムで無償治療を積極的に行っている服部匡志先生に賛同し、活動支援のための寄付を行っています。

アジア失明予防の会 ホームページ
http://www.asia-assist.or.jp/
2014.10.01 
弊社が雑誌に紹介されました。
弊社が雑誌に紹介されました。
2014.05.03 
ホームページを開設致しました。
ホームページを開設致しました。
アーステック株式会社のサイトを開設致しました。
皆様どうぞ宜しくお願い致します。
トップページへ戻る